世界には様々な「秘宝」「財宝」が発見できずにいまだに数多く埋もれているようです。

一攫千金を夢見て、秘宝探しにトレジャーハンティングに乗り出してみるのも面白いかも知れませんね。

 

今回はそんな、世界に眠る「伝説の秘宝」をいくつか紹介します!

 

 

【徳川埋蔵金】

トップバッターは日本で最も有名な「徳川埋蔵金」です!

「徳川埋蔵金」とは、大政奉還によって終焉を迎えた江戸幕府が密かに埋めたとされる幕府再興のための軍資金のことですです。

 

埋蔵金の額は推定で約360万~400万両の金塊または貨幣だとも言われ、勝海舟の日記にある幕府の軍資金として360万両の準備があるという記述が根拠になっています。

過去に何度も某TV番組で「発掘プロジェクト」が行われましたが、徳川埋蔵金は未だに発見されていません。

もしかすると、一番可能性のある一攫千金のチャンスかも知れませんね!

 

 

【銅の巻物 死海文書】

「死海文書」はヘブライ語で書かれた聖書と聖書関連の文書からなる写本集のことです。

「20世紀最大の考古学的発見」とも言われています。

死海文書の中に「銅の巻物」と呼ばれる文書が存在していて、実は【宝の在り処】が記されています。

 

64か所にも及ぶ財宝の保管場所が記されており、財宝は貴金属から宝石類があり、現在の価値にすると数十億ドル相当だと言われます。

財宝の捜索はこれまで何度も行われましたが、全て失敗に終わっています。

 

 

【草薙の剣(天叢雲剣)】

この剣は、日本の神話の三種の神器の一つで、よく映画やゲームの世界にも登場します。

天皇の持つ武力の象徴とされていたものです。

神話によると熱田神宮に安置されていることになっていますが、源平の戦いの際に本物は壇ノ浦に水没したとされています。

 

 

【スペイン財宝船団「サンミゲル号」】

「サンミゲル号」とはアメリカ大陸からスペインを目指し、フロリダ沖で沈没した船団の中の一隻で、莫大な財宝を積んでいたといわれる船です。

船団はスペイン船11隻とフランス船1隻の12隻からなり、金の延べ棒や銀細工、エメラルドに真珠、宝石類などの財宝が満載され、現在の価値にすると数億ドルと言われています。

 

不運にもハリケーンにつかまり、船団は一夜にして壊滅し、粉々になって海の藻屑と消えました。

いくつもの宝探し業者やアマチュアの財宝ハンターたちが捜索に加わり、7隻の沈没船と財宝が発見されました。

しかし沈没した11隻のうち、4隻は未だに見つかっていません。

 

中でも「サンミゲル号」は一番多くの財宝が積まれていたと言われています。

 

 

【ナチスの黄金列車】

「黄金列車」とは、ナチス・ドイツが略奪した財宝を隠したといわれる軍用列車です。

第二次大戦中、ナチスはヨーロッパ中から大量の財宝を奪い集めました。

 

それらはドイツの占領地や弾圧していたユダヤ人から奪った金塊や宝飾品、絵画や彫刻などの美術品です。

これまで発見されたものもありますが、未だに行方不明のものもたくさん存在します。

一説による黄金列車には300トン、推定200億円の財宝が満載されているといわれます。

 

 

【キリストの聖杯】

キリストの聖杯とは、キリストが最後の晩餐のときに使った器とされます。

聖杯は、中世にケルト神話との融合によって、キリストの聖遺物として様々な奇跡をもたらす神秘的な杯として、様々な詩や物語に登場するようになり、その行方が注目されるようになりました。

聖杯の行方のついては数えきれないくらいの説がありますが、真相は不明のままです。

 

 

【契約の箱(アーク)】

「契約の箱」とは、旧約聖書に記されている、モーセの十戒が刻まれた石板が収められたという箱のことです。

契約の箱は、モーセが選んだベツァルエルが神の指示通りに製作したもので、長さ1m、幅と高さが70㎝で、金箔の貼ったアカシアの木でできており、運ぶときには金箔で覆われた2本の棒を使い、蓋の上で2体の天使が箱を守っています。

契約の箱は紀元前597年のバビロン捕囚といわれる、ユダヤ人のバビロニア地方への強制移住に伴って行方不明となりました。

 

 

【山下財宝】

ヤマシタとは、太平洋戦争中、フィリピン防衛を担った第14方面軍の司令官だった日本陸軍の山下奉文(ともゆき)大将のことです。

フィリピンには、フィリピンの人々が「ヤマシタ・トレジャー」と呼ぶ伝説が今も語り継がれています。

 

山下大将が戦争中、アメリカ軍に降伏する前に隠した莫大な財宝がフィリピンのどこかに眠っているというもので、その金額は10兆円から600兆円までという途方もない数字が伝えられており、現在も多くの財宝ハンターたちがこの「山下財宝」を探し求めています。

 

 

この他にも世界にはたくさんの「秘宝」「財宝」が眠っています。

夢を求めてトレジャーハンティングの旅をするもの面白いかも知れませんね!

 

現代で言えばビットコイン等の「暗号資産」も、ある意味「伝説の秘宝」なのかも知れません。

「情報社会」であるが故に、情報以上の秘宝はありません。

 

今後も情報社会から新しい「秘宝」が生まれるかも知れませんね、「暗号資産」以外の。

 

 

LINE友達登録はこちら!

↓↓↓