あなたは「富豪」という言葉から、どんなイメージを連想しますか?

 

「金持ち」で「優雅な生活」をしていて、毎日贅沢三昧!

タワーマンションの最上階に住んでいて、別荘があって、クルーザーがあって…。

抱くイメージは人それぞれでしょう。

 

しかし、実際に「富豪」と「一般人」の大きな習慣の違いとはどのようなものなのでしょうか?

少し掘り下げて見比べてみましょう!

 

 

「富豪」と「一般人」の習慣の違いについては、様々な諸説があります。

今回の記事で全ては説明できませんが、有名なものを抜粋して紹介します。

「富豪」「お金持ち」を目指すなら、是非とも今後の生活の習慣に取り入れて行って下さい。

 

 

「富豪」と「一般人」の違い!

 

【手元のキャッシュから新たなキャッシュを生み出す習慣】

将来を考えた時…

「一般人」は、年収2000万円をあきらめる

「小金持ち」は、年収2000万円で満足する

「富豪」は、年収2000万円を【通過点】と考える

 

日本で年収が1000万円以上の人の割合は「約 5%前後」だと言われます。

外資系の会社や、給与水準が高い業界で働いている人なら役職がつかなくても到達できる年収です。

ただし、2000万円以上となると一気に「約0.4%」まで落ちます。

 

「年収が2000万円もあれば十分な富豪だろう」と一般の人は想像してしまいがちです。

しかし、現実は全く異なります。

年収2000万円前後の「富豪」と言うものは実はほとんど存在しません。

 

下手をすれば「資産家」どころか、大きな「借金」を抱えている悲惨な人も居ます。

その最も大きな原因は「浪費癖」です。

 

外資系企業などに勤める若いエリートサラリーマンは年収2000万円程度なら楽に稼ぐでしょう。

その反面、「これだけ稼いでいるから、これだけ使っても大丈夫!」と、ついつい浪費癖がついてしまっています。

派手に買い物をしてしまったり、高い住まいを購入してしまったり。

 

いくら稼いでも、その年収を「ゴール」だと考えている限り、永遠に「豊か」にはなれません。

稼いだお金をしっかり蓄えておき、投資や貯蓄の利息・利益から贅沢をするのが理想的な富豪の生活です。

 

真の「富豪」は、年収2000 万円を「ゴール」ではなく【通過点】と考えます。

稼いだ全てを使い切るのではなく、お金の使い道もしっかり管理しています。

 

 

【景気が悪くなったときに買い増しする】

景気が悪くなると「一般人」は相場に参入することを恐れて「傍観」してしまいす。

「小金持ち」は損切りして、「富豪」はチャンスとばかり【買い増し】をします。

 

世界屈指の投資家ウォー レン・バフェットの事例です。

リーマンショックで世界経済がドン底まで冷え込んでいたとき、彼はゴールドマンサックスに対して5000億円を超える投資を行いました。

 

そのお陰で景気回復後に大きなリターンで売り抜けました。

さらにしっかりと「利回りも得る」という天才的な投資をしました。

一般人には真似のできない、まさに「富豪」の戦略です。

 

 

【お金持ちは負け上手】

どんな投資家も必ず「失敗」は経験します。

「投資」に失敗したときこそが一般人と富豪の大きな差が出る場面です。

 

一般人は「もう投資なんてしない!」と強く誓います。

「小金持ち」は勝つまで必死に諦めず執拗に攻めます。

しかし「富豪」は、潔く「負け」を認めて次の準備をします。

 

一般の投資家は「攻め方」は知っていても、正しい「守り方」を知りません。

優秀な投資家や資産を増やし続けて いる「富豪」は、全員「負け上手」です。

 

「負け」は小さく収め、決して致命傷となる「大きな負け方」をしません。

また負けても、深追いはしません。

上手に負けることが大切です。

 

 

【人間の原点に立ち返る】

「お金を稼ぐ」「ビジネスを成功させる」「投資で大儲けする」と言う、自分を奮い立たせる「目標」を持つことは大切です。

しかしこの「目標」はあくまでも中間目標です!

 

一生懸命に努力して手に入れたお金を、どう言う風に使いますか??

実はここが重要です!

 

毎晩、高級なお酒を飲み明かしたり、週末はヨットでクルージングする生活が理想の富豪の姿だと思いますか?

決して「派手な生活をするな!」と言う意味ではありませんが、いくらたくさんのお金を稼いでも、ゴールがこんな姿ではいずれ世間から見放されるでしょう。

 

「アイツは強欲だ!」「アイツは好きになれない!」と周囲から言われ続ける人は、 一時的には上手くいって大金を手に入れたとしても、最終的には世の中から淘汰されてしまいます。

 

大切なことは、「人のために何ができるか」と言うことです。

いかに「社会貢献」するのか?世の中をどれだけ良くするのか?が真の富豪になるには大切な要素です。

 

「富豪」の多くは、原点に立ち返り、社会貢献に励んでいらっしゃいます。

ビルゲイツ財団もその一つの証です。

 

この精神が欠落していると、真の富豪にはなれません。

一過性の「成金」になるのか?「富豪」になるのか?の分かれ目です。

 

 

いかがでしたか?

富豪の習慣と、一般人の習慣には大きな差があることが分かりましたよね。

 

両者の習慣や思想の相違はこれだけではありませんが、代表的なもの列記させて頂きました。

 

明日からいきなり富豪の習慣を実行するのは難しいですが、自分の普段の習慣と見比べて「意識する」だけでも将来は変わってきます。

 

「ダメな習慣」を無意識で続けているのと、「意識」して変わろうとしているだけでも結果は異なります。

普段から、「富豪の習慣」を一部でも良いので取り入れて生活するように心がけましょう!

 

きっと未来には、富豪になっているか、富豪に近づいているでしょう!

 

 

LINE友達登録はこちら!

↓↓↓