成功者になる法則は色々と語られていますが、その真意を間違えて捉えている人が実に多いのが悲しい現状です。

 

今更何度も??と思われるかも知れませんが、「知っている」と「できる」は違います。

しっかりと「成功法則」をできるものとして利用するようにしましょう!

 

 

「成功法則」に関係する書籍や情報は巷にあふれていますが、その情報を入手してどれくらいの人が成功したのでしょうか?

 

なぜ同じ情報を利用しても、成功する人としない人に別れるのでしょうか?

それは恐らく、法則の解釈が異なるからです。

 

 

「セルフイメージ」と言う言葉をご存知でしょうか?

 

自分は今太っていても「痩せている」と自分でイメージをすることが大切です。

これはダイエットの初期に利用されるセルフイメージですが、「太っている」と認めているだけでは未来は変わりません。

 

「現状を知る」→「未来を設定する」→「理想の未来を手に入れたことをイメージする」

これが成功法則です。

 

理想の状態をしっかりとイメージすることが大切です。

 

 

しかし、このイメージの定着が甘いために、多くの人は成功法則を使いこなせません。

つまり、セルフイメージが弱いのです。

 

芸能人になりたいと思うなら、すでに自分が芸能人になった振る舞いをしましょう。

芸能人になってから振る舞うのではなく、なる前から振る舞うのです。

 

セルフイメージには、Be(在り方)と言うものが大切になります。

すでに願望を叶えた自分をしっかりとイメージして、まるでその状態が現実であるのかのように振る舞います。

そこに、いっぺんの迷いも感じてはいけません。

 

 

このセルフイメージをしっかりとできた人だけが、真に成功を勝ち取ります。

今まで何度も成功法則に挑戦しても残念な結果に終わった人は、再度セルフイメージのトレーニングを行いましょう。

 

本日は以上です、ありがとうございました。

LINE友達登録はこちら!

↓↓↓