突然ですが、「今の仕事」は好きですか?

その仕事は、本当にやりたいことですか??

 

転職の経験あるけれど、天職に巡り合えた経験のある人は少ないようです。

日本人は「仕事」を聞かれると「職種・仕事内容」では無く「会社名」を答えるそうで、多くの外国人はその回答に呆れるそうです。

 

あなたは本当に自分の心からやりたい仕事に巡り合えていますか??

今の仕事は、自分から見て「天職」ですか??

 

 

最初に、あなたは何かに「没頭」した経験がありますか?

 

趣味でもゲームでも遊びでも構いません。

寝食忘れて没頭して、気づいたら数時間経っていたと言う感じの経験です。

追われて必死でやり遂げたことでも良いでしょう。

 

「没頭力」「集中力」とも言いますが、どんなことに対しても没頭出来ることが仕事や目標達成には大切になります。

 

仕事に対して「本気」になれない人の特徴は、「遊び」でも中途半端な人が多いようです。

決して「負けず嫌い」「対抗心が無い」と言う意味ではありませんが、自分のやりたいことに没頭している人はエネルギー自体が違います。

 

 

仕事にはこの「没頭力」が特に大切になります。

好きなことであれ、やりたい事であれ、没頭出来ると必ず素晴らしい結果・成果が生まれます。

 

いくら嫌いな仕事でも、成果が出て褒められて給料が上がれば、誰でも嬉しいですよね。

つまり、「没頭するコツ」が理解できれば、どんな仕事でも「天職」になる可能性を秘めています。

 

言い換えれば、没頭できなければ、どんな仕事も「苦痛」でしかありません。

仕事が楽しいと感じるには、この「没頭力」が大切になります。

 

 

そこで今回は「没頭する秘訣」を少し紹介します。

 

①1度に1つのことだけをやる

シングルタスクが最も効率的に仕事が捗ることは、脳科学でも実証されています。

一度の多くのことを行わず、1つの仕事・作業に集中しましょう。

 

②やることを明確にする

目的が明確でないと、どうしても雑念が生まれて挫折しやすくなります

しっかりとゴールと目的を明確にしてから作業にかかりましょう。

小さなゴールをいくつも設けて、それをクリアしていく感じが理想です。

 

③音楽をかける

職場によっては無理かも知れませんが、可能であれば自分の好きな音楽や、集中力が増す音楽をBGMに利用しましょう。

小さくても音楽が流せるなら、片耳だけイヤホンで作業するもの良いでしょう。

 

④時間を決めて行う

ダラダラと時間をかけるのではなく、しっかりとゴール(目標達成)する時間を計測しましょう。

今日の17時までに終える仕事であれば、時間を意識して作業を行いましょう。

ゴールのない仕事はいつまでも向上しません。

 

 

「天職」と言うものは、最初からこの世には存在しません。

自分自身が成長・進化していく中で、本当に「没頭して楽しい」と感じるものが「天職」です。

 

頑張ったけれども「苦痛」しか感じない仕事は、ハッキリ言って捨てましょう。

それは「天職」では無く「転職」するべき仕事かも知れません。

 

人生において、楽しいことにしか「成長」はありません。

「没頭」「集中」出来るものを見つけていきましょう。

仕事は人生を楽しむものです。

 

 

LINE友達登録はこちら!

↓↓↓